トップ ≫ 議事録のツボ ≫ 録音テクニック
録音テクニック

 議事録を作成するには、速記士に依頼するのが一番です。
 速記士は、現場に臨場し、話している速度と同じ速度で記録を取っていきます。
現場に同席しますので、議事の内容、会議の雰囲気、話し手の意図など、しっかり把握しています。そのため、精度が高いものが作成できます。
 しかし、会議の前に速記士の手配が必要ですし、録音したものを反訳するより、当然のことながら、金額が高くなります。

議事録と音声録音

 気軽に(安く)議事録を作成するにはどうしたらいいのでしょうか。 それは、録音反訳を利用するのが一番です。
 録音反訳とは、会議を録音し、その録音を聞きながら文字を起こしていく方法です。
長所としては、とりあえず会議の音声を録音できれば、文字起こしは後から手配できますし、速記士に依頼するより、リーズナブルです。短所は、録音状態が悪いと、文字起こしが全くできないことです。現場にいれば、音が判断できるものでも、録音が悪いと全く別の語に聞こえたりします。 会議時にちゃんと録音さえできていれば、いつでも文字に起こせます。
 しかし、ちゃんと録音するのは、結構難しいのです。 それでは、会議などで音声を録音するのは、どんな機器を使えばいいのでしょうか?
録音機器として一般的なものは以下のとおりです。

  録 音 携帯性 長時間録音 音質 注意点
カセットレコーダー アナログ × × カセットテープが品薄に
なりつつある。
マイクロカセット
レコーダー
アナログ × カセットテープが品薄に
なりつつある。
MDレコーダー デジタル デジタル録音ですが、基本的にパソコンとデータのやり取りは不可。
デジタルレコーダー デジタル ファイル形式がメーカーによって異なる

この中で、最近では、デジタルレコーダーが一般的になっています。
デジタルレコーダーは、多種多様な仕様のものがありますので、目的に合ったものを選びましょう。

デジタルレコーダーって?

実は、デジタルレコーダーという名称が示すものは広範囲にわたります。音声を録音するものもありますし、映像を録画するものもあります。そうした総称としてもデジタルレコーダーのうち、デジタルで録音する機器について説明します。

デジタルレコーダーは、多種多様な仕様のものがありますので、目的に合ったものを選びましょう。注意点は以下のとおりです。

録音ファイル形式

記録メディア一般的なものは、MP3、WAV、WMAでしょうか。その他に、AAC、AIFF、ATRAC、BWFなどがあります。 MP3は音楽のダウンロードなどでよく使われる形式ですので、ご存じの方も多いと思います。圧縮率が高いわりには、それなりの音質で聞こえます。
WAVは主としてWindowsで使われています。圧縮していないので、音質がいいのですが、ファイルサイズが大きくなります。
WMAは、WindowsMedia用のファイル形式で、MP3より汎用性で劣ります。
レコーダーによって、ファイル形式は異なりますので、用途によって選びましょう。

記録メディア&容量

記録メディア記録メディアは、HDD、フラッシュメモリ、メディアカード(SDカードやメモリースティック等)があります。 機種によって、何を記録媒体としているかは異なります。携帯性を考えるとフラッシュメモリやメディアカードが優れていますし、容量から言えば、HDDが多く、長時間録音できます。
ただ、最近では、メディアカードも大容量化が進み、HDDもコンパクトになっています。 用途等を考えて最適なものを選びましょう。

マイク性能

記録メディア実は、これが一番大事です。 マイクの性能が悪ければ、当然のことながら良い音質では録音できません。 レコーダーによっては、内蔵マイクの優れているものもありますし、逆に簡易的なものしかついてない場合もあります。このマイクに関しては、値段が高いものにはそれなりのマイクがついていることが多い傾向があります。
その他、外部マイクをつけることができるものもありますし、できないものもあります。 会議の内容、会場の広さ、発言者の人数などによって最適なものを選ぶことが大事になります。

失敗しない録音方法

さて、レコーダーを選び終わったら、実際に録音することになります。
そのときの注意点は?

マイクの位置

  内蔵マイクで録音するにしても、外部マイクを接続して録音するにしても、録音対象の発言が拾える場所にマイクを設置しましょう。マイクには単一指向性のものや、全指向性のものがあります。複数のマイクを設置する場合は単一指向性で構わないでしょうし、単体のマイクしか設置しない場合は全指向性のものを使うとよいでしょう。
 また、複数のマイクを設置する場合には、ハウリングを起こす場合があります。マイクの拾った音がアンプで増幅され、その増幅された音がスピーカーから音声として出力されます。この出力されたスピーカーからの音をまたマイクが拾います。これを繰り返し、音がループするうちに特定の周波数の音が増幅され、「キーン」「ブーン」という音になってしまいます。これをハウリングと言います。これは、マイクとスピーカーの位置やそれぞれの性能により対処法は異なりますが、小さな会場での録音時などはマイクの位置をずらしたりするだけで収まることがよくあります。もしハウリングが起こっても、焦らずマイクの位置をずらしたりして調整してみてください。また、壁に向かって垂直にマイクを設置している場合、少し角度をつけてやると、緩和したりします。

各種設定

 レコーダーによってはいろいろな機能がついています。マイクのレベルの自動調整機能とか、VOD機能(音の有無にあわせて自動的に録音や一時停止を行なう機能)とか、LOWCUT機能(クーラーの風の音などをカットする機能)などがあります。録音の前にいろいろな機能を試してみて最適な設定を選びましょう。

ページトップ